テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > 寺谷用水土地改良区とは

HOMEHOME寺谷用水土地改良区とは寺谷用水土地改良区とは寺谷用水の歩み寺谷用水の歩み施設のご案内施設のご案内お知らせ一覧お知らせ一覧賦課金-決済金について賦課金-決済金についてリンクリンク【通水情報】【通水情報】

寺谷用水土地改良区とは

土地改良区って何?
head-office-01.png土地改良区とは一定範囲の組合員から成り、土地改良事業を行うことを目的として設立される公法上の社団法人です。
土地改良事業計画や定款等について都道府県知事の認可を得て設立され、事業参加資格者は全て組合員として強制的に土地改良区に加入となります。また、事業に要する費用は、全ての組合員に賦課徴収することができます。

寺谷用水土地改良区の仕事
当土地改良区は、用水量の調整や施設の維持管理を行っています。
農地や農業用水は、食料の安定供給に欠かせない基盤であるとともに、美しい農村景観など多面的機能を持つ大切な資源です。
400年以上前、磐田市寺谷地先から取水が始まった寺谷用水はパイプライン事業等により、その姿を変えましたが流れる水は昔と変わらず地域の田を潤しています。
寺谷用水土地改良区はこの豊かな水を後世に残していきます。

組織の概要

名称 寺谷用水土地改良区
所在地 静岡県磐田市加茂1番地
電話番号 0538-32-4655
設立年月日 昭和26年10月5日
認可番号 静土改第21号
受益面積 1,470.5ha(畑かん43.3ha)
組合員数 2,721名
役員 理事 13名(員外理事2名)
監事 3名(員外監事1名)
総代 44名
職員 5名
関係市 磐田市
賦課金 3,300円/10a(畑かん1,100円/10a)
転用決済金 320円/㎡(畑かん地区の畑は1/3)

活動事例

当土地改良区で実施している活動の一部をご紹介します。

安全対策に関する取り組み

csr-01.pngcsr-02.png
用水路は流れが速く深いので非常に危険です。用水路には安全のためフェンスを設置していますが、老朽化により古くなったフェンスは通学路付近等を優先して新しいものにしています。

用水路の修繕に関する取り組み

csr-03.pngcsr-04.png
磐田市役所と寺谷用水では、地元の農業者を対象に「用水路の小修繕」に関する講習会を平成21年度より開催しています。ビデオを使って補修手順を説明後、近隣の用水路にて目地の補修や、老朽化した水田への取入口(分水栓)の交換作業を行っています。

水源涵養林に関する取り組み

csr-05.png
csr-06.pngcsr-07.png
寺谷用水は平野重定公が水路を開削した年から数えて350年目の昭和31年から現在まで浜松市天竜区水窪町奥領家において水源涵養林の育成に努めています。
平成15年にはこの功績が評価され、国土交通大臣から表彰されました。今後もこの活動を続ける予定です。

記念碑公園

park-01.pngpark-02.pngpark-04.pngpark-03.png

1.記念碑公園の全景(上左)
2.留魂碑(上左)

留は旧字で示され、2つの口は寺谷と社山の取入口という意味を込めている【山内克巳氏が揮毫】

3.水流而不競(みずはながれしかしてきそわず)

競わずとは寺谷と社山を表す。寺谷用水と社山用水が平等に水を流しましょうという意味。【鈴木正一氏揮毫】

4.水滾々七千町歩豊の秋(みずこんこんななせんちょうぶとよのあき)

碧南一帯に水がきたという意味【江塚勝馬氏の句】

※2と3は昭和19年の磐田用水の通水を祝って残された。

Q&A「パイプライン事業による効果」

パイプライン通水に切り替わったことで、どのような効果が表れたのか地域の農業者にインタビューを行いました。
また、新しい水管理システムが導入されたことによる効果を寺谷用水土地改良区職員がお答えします。

パイプライン通水に切り替わったことで良くなった点は?

今までのオープン水路では上流の圃場から順に水を入れていましたが、パイプライン通水に切替ったことで、より大きな圃場のある下流地区で早場米の作付けが可能となりました。

これからの農業経営にどんな影響がありますか?

パイプライン通水となった最大のメリットは維持管理の軽減です。今まで、水管理や用水路の草刈に使っていた時間と労力を、より良い品質の米づくりのために使うことができるようになりました。
地域の食卓においしいお米を提供できるように日々努力しています。

パイプライン通水に切り替わったことで良くなった点は?

維持管理面において負担が軽減され、従来の用水路と比較すると節水に繋がりました。

地域農業に変化がありましたか?

今までのオープン水路では(水は上流から下流に流れているので)上流で水を堰止めると、下流地区の取水が困難でした。
パイプライン通水に切替ったことで上下流の区別が無く、平等で安定した取水が可能となりました。パイプラインを施工して本当に良かった。とても助かりました。

水管理システム導入による効果

以前は管内をくまなく見回らなければ水調整ができませんでしたが、水管理システム導入後は容易に各分水工やポンプ場等の状況が土地改良区の事務所内で把握できるようになったため、今まで以上に迅速かつ均等に水利調整を行うことが可能になりました。

寺谷用水だより

当改良区の活動を報告する冊子を発行してます。
下記よりダウンロードしてご覧下さい。

PDFデータになります。
閲覧にはAcrobat Readerが
必要となります。

用水だより№23

VOL23 PDF
(平成30年度)

用水だより№22

VOL22 PDF
(平成29年度)

用水だより№21

VOL21 PDF
(平成28年度)

用水だより№20

VOL20 PDF
(平成27年度)

用水だより№19

VOL19 PDF
(平成26年度)

用水だより№18

VOL18 PDF
(平成25年度)

用水だより№17

VOL17 PDF
(平成24年度)

用水だより№16

VOL16 PDF
(平成23年度)

用水だより№15

VOL15 PDF
(平成22年度)

用水だより№14

VOL14 PDF
(平成21年度)

用水だより№13

VOL13 PDF
(平成20年度)

用水だより№12

VOL12 PDF
(平成19年度)

用水だより№11

VOL11 PDF
(平成18年度)

用水だより№10

VOL10 PDF
(平成17年度)

用水だより№9

VOL9 PDF
(平成16年度)

用水だより№8

VOL8 PDF
(平成15年度)

用水だより№7

VOL7 PDF
(平成14年度)

用水だより№6

VOL6 PDF
(平成13年度)

用水だより№5

VOL5 PDF
(平成12年度)

用水だより№4

VOL4 PDF
(平成11年度)

用水だより№3

VOL3 PDF
(平成10年度)

用水だより№2

VOL2 PDF
(平成9年度)

用水だより№1

VOL1 PDF
(平成8年度)